アタマジラミ 感染者

感染者が使ったシーツにはアタマジラミがついている!

 

アタマジラミの感染予防のために、感染者の使ったシーツや枕カバーを乾燥機を使って殺虫するという方法があります。

 

乾燥機でも冷風を使用しているタイプはダメ!

 

温風の乾燥機を5分~10分程度使用すると、熱を嫌うアタマジラミを一網打尽に全滅することも可能です!

 

そして、アタマジラミがきっかけで、学校の保護者の関係が悪化したってケース、意外にありますよね。

 

アタマジラミになってしまうと、目の細かい櫛を買ったり、スミスリンシャンプーを購入しないといけなくなったり!

 

完治までに2週間くらい、ずっと親が駆除をしてあげないといけなくなってしまいます。

 

共働きで忙しい親からしたら、「なんて面倒を増やしてくれるんだ!」と怒り心頭になる気持ちもわかります。

 

比較的時間に余裕がある主婦だって、やっぱり子供がアタマジラミを貰って来たら、感染源の子供や親に対して、「まったく、なんて家なの!」って不満に思ってしまいます。

 

でも、事前にアタマジラミの予防のお知らせなどが来ていれば、「そうか、気を付けよう」っていう気持ちになりますし。

 

感染しても、事前にお知らせがあったことで、まだ納得できます。

 

やはり一番嫌なのは、周りへの感染を配慮せず、アタマジラミのことを隠して出席して、周りにばら撒いてしまうことだと思います。

 

アタマジラミ006