アタマジラミ 学校

学校のプール学習後はアタマジラミに注意!

 

 

学校でのプール学習をきっかけに、ある厄介な病気を患ってしまう危険性があるそうですね。

 

その病気とは、アタマジラミ症。最初それを聞いた時は、普通のプール施設と違います。

 

衛生管理があまり良くないからそうした危険性があるのかと思ったのですが、どうもアタマジラミと衛生状態は何の関係も無いみたいです。

 

そのため、どんなに学校側が頑張って綺麗にしていても、生徒の中に1人でもアタマジラミに寄生されている人がいた場合は、その人が使ったロッカーや脱衣籠、タオルなどを介してアタマジラミをもらってしまうことがあるそうです。

 

しかし、昔のようにプール学習後に学校側で、スミスリンパウダーを頭にふりかけてくれる訳ではないため、自分で対策を講じるしかありません。

 

そこで、ロッカーや脱衣籠、側にある他人のタオル等にアタマジラミがいても、それに付着されずに済むように着替えやタオルなどはなるべくビニール袋やナイロン袋に入れておくと良いそうです。

 

また、帰宅した後も念のため、水着やタオルなどは60度以上のお湯に5分程浸した後、すぐに洗濯すべきとのことでした。

 

ただそれでも、数日中はアタマジラミ症の症状である頭皮の痒みが出ていないか、チェックしておいた方が良いそうです。

 

アタマジラミ002