アタマジラミ 寝具

アタマジラミの感染者の寝具には注意!

 

小さな赤ちゃんがいる家では、アタマジラミの感染者の布団カバーやシーツは分けて洗うように気を付けましょう。

 

アタマジラミは赤ちゃんにも感染する可能性がありますので、床掃除や寝具の交換は、一番気を付けたい部分です。

 

特に床に落下したアタマジラミは、数日間は生きています。

 

ハイハイやズリバイをしている赤ちゃんの場合は、床からの距離が近く、床でよくゴロゴロしていることも多いので、やっぱり気を付けないといけませんね。

 

アタマジラミは髪をとかした時に良く落下しますので、髪をとかしたら、掃除機をかける習慣をつけておくと安心です。

 

もしくは、髪をとかした後に、必ずコロコロを書けるようにすると良いですね。

 

赤ちゃんが床を歩いている場合は、アタマジラミの感染も拡大しますので、すごく気を付けたいものですね。

 

逆に、赤ちゃんがまだハイハイやズリバイが出来ないで、ベッドでずっと寝ている状態だったら、そっちの方が感染しにくいかもしれません。

 

ただ、アタマジラミ二感染している人は、出来るだけ赤ちゃんに感染させないように、あまり顔を近づけて抱っこしたりするのは避けた方が良いと思います。

 

やはり感染者と頭髪の接触があると、それだけアタマジラミになりやすくなりますからね。

 

アタマジラミ015